清澄白河

アーティスティックな街として知られる清澄白河

美術館やギャラリー、個展などが多く開催されている地域として知られているのが、アートの街、清澄白河。
何となく名前だけは聞いたことがあるという方も多いかとおもいますが、この清澄白川は江東区にあるアートの街として知られており、他にも、こだわりのカフェが立ち並ぶ地域として、マニアの間では非常に通なスポットとして知られています。

そんな清澄白川ですが、東京メトロ半蔵門線沿いにあり、交通の便も決して悪くはないことで知られています。
ちょっと気合を出せば、いざとなったら都心部まで歩いて向かうことも難しくありませんし、そんな距離感でありながらも、家賃相場も周辺に比べると比較的安い地域が多いため、意外と一人暮らしをするには、穴場なスポットであると言えるでしょう。

美術館や芸術に触れて生活をしたい方に特におすすめの地域

清澄白川近辺はアートの街として知られていますが、アートの街として呼び声が高い理由は、美術館や博物館が多い点が挙げられます。

まず、江戸の街並みを実際に探索することが出来る、深川江戸資料博物館です。
深川江戸資料博物館では、本当に江戸時代にいるかのように感じるほど再現度の高い深川佐賀町の街並みを体験することが出来、なおかつ、実際に古民家などに上がり、当時に使われていた道具を再現したものに触れて、世界観に浸ることが出来ることから、ファミリーにも人気が高いスポットとして知られています。

また、最先端のアートを見ることが出来るスポットして歴史が深いのが、東京都現代美術館です。
日本全国から様々な芸術家たちが、この美術館のためだけに清澄白川に訪れ、アートの聖地としての呼び声が高くなってきたとして知られています。

そんなアートの街清澄白河ですが、近年ではギャラリーを行うスポットも多く存在し、フリーで活動を行っている芸術家や、アート作品を合同で展示する学生なども数多くいることで知られています
ギャラリーとして有名なのが、元々倉庫だった場所をリノベーションして作られた、アート作品を展示するのにうってつけなスポットです。
こういったギャラリーの作られ方をしている場所が多く、元々倉庫が多かったことが功を奏した例であると言えるでしょう。

清澄白川は今がねらい目のスポット

清澄白河は今のうちに住んでおくことで、今後人気が出たときも、安定してお安めの家賃で暮らすことが出来ると言えるでしょう。

今後大きな発展を遂げる可能性が高いスポットとしても知られていますので、正にねらい目、正に穴場と言っても過言ではない場所として知られています。
周辺のアートスポットにも気軽に通うことが出来る点が大きな特徴です。