カテゴリー別アーカイブ: エリア特集

二子玉川

住みたい街ランキング王道の上位に食い込む二子玉川

多くの住みたい街ランキングや、暮らしやすそうな街ランキングで比較的上位に食い込んでいる街として知られているのが、二子玉川です。
二子玉川は、通称ニコタマという愛称としても人気が高い街で、都心部分をしっかりと残しながら、自然と非常に美しく調和している地域として、老若男女問わずに非常に人気が高いことで知られています。

そんな二子玉川ですが、具体的にはこのような特徴があることで知られているでしょう。

交通の便が非常によく、ショッピング施設も充実

二子玉川は東急田園都市線や大井町線沿いの駅として知られていますが、それらの電車を使うことで、渋谷までは15分前後、自由が丘までは10分ほどで到着することが可能です。
そのため、様々なショッピング街に簡単に繰り出すことが出来る地域として知られています。

また二子玉川自身も大型ショッピングモールに囲まれている地域として知られていて、ショッピング街をはじめ、住居棟、オフィス街、公園から出来ている超巨大複合施設、二子玉川ライズがオープンしたことでも、人気が高まっています。

複合施設としては非常に珍しく、自然と調和した姿が二子玉川の特徴として知られているだけあって、ただのオフィス群という感じではなく、非常に暖かい雰囲気が特徴的な地域として知られています。

町全体が独特なおしゃれな雰囲気を持っていながらも、都心過ぎず、どこかヨーロピアンテイストを思わせるような、オシャレと温かみが一緒になっている雰囲気を持っているのが、二子玉川の大きな特徴であると言えるでしょう。

駅の反対側は別世界?狸の目撃情報も!

二子玉川はオシャレなイメ―ジが強いという方も多いかと思いますが、ただオシャレな街なのではなく、駅の反対側、少し歩いたところは、まるで別世界のような自然が広がっています。

駅から徒歩三分の近距離にある多摩川では、河川敷沿いにランニングをしている方や、バーベキューや釣りを楽しむという方、川遊びをして楽しんでいるという方も多く、稀に狸の目撃情報が出るほど、自然に溢れている景色が広がっています。

少し歩いただけで全くの別世界、森林の世界が広がっていると言っても過言ではなく、二子玉川に住んでいる人の多くが、都心部分の二子玉川はもちろん、自然部分の二子玉川があるからこそ、二子玉川に住む決意をしたと答える方がほとんどであると言えるでしょう。

このように、自然な部分と都心な部分を見事に調和して人気を獲得したと言えるのが、二子玉川です。

家賃相場は非常に高いものの、その分見返りが大きい地域であると言えますので、ファミリーや独身でも、様々な層におすすめできる場所です。

清澄白河

アーティスティックな街として知られる清澄白河

美術館やギャラリー、個展などが多く開催されている地域として知られているのが、アートの街、清澄白河。
何となく名前だけは聞いたことがあるという方も多いかとおもいますが、この清澄白川は江東区にあるアートの街として知られており、他にも、こだわりのカフェが立ち並ぶ地域として、マニアの間では非常に通なスポットとして知られています。

そんな清澄白川ですが、東京メトロ半蔵門線沿いにあり、交通の便も決して悪くはないことで知られています。
ちょっと気合を出せば、いざとなったら都心部まで歩いて向かうことも難しくありませんし、そんな距離感でありながらも、家賃相場も周辺に比べると比較的安い地域が多いため、意外と一人暮らしをするには、穴場なスポットであると言えるでしょう。

美術館や芸術に触れて生活をしたい方に特におすすめの地域

清澄白川近辺はアートの街として知られていますが、アートの街として呼び声が高い理由は、美術館や博物館が多い点が挙げられます。

まず、江戸の街並みを実際に探索することが出来る、深川江戸資料博物館です。
深川江戸資料博物館では、本当に江戸時代にいるかのように感じるほど再現度の高い深川佐賀町の街並みを体験することが出来、なおかつ、実際に古民家などに上がり、当時に使われていた道具を再現したものに触れて、世界観に浸ることが出来ることから、ファミリーにも人気が高いスポットとして知られています。

また、最先端のアートを見ることが出来るスポットして歴史が深いのが、東京都現代美術館です。
日本全国から様々な芸術家たちが、この美術館のためだけに清澄白川に訪れ、アートの聖地としての呼び声が高くなってきたとして知られています。

そんなアートの街清澄白河ですが、近年ではギャラリーを行うスポットも多く存在し、フリーで活動を行っている芸術家や、アート作品を合同で展示する学生なども数多くいることで知られています
ギャラリーとして有名なのが、元々倉庫だった場所をリノベーションして作られた、アート作品を展示するのにうってつけなスポットです。
こういったギャラリーの作られ方をしている場所が多く、元々倉庫が多かったことが功を奏した例であると言えるでしょう。

清澄白川は今がねらい目のスポット

清澄白河は今のうちに住んでおくことで、今後人気が出たときも、安定してお安めの家賃で暮らすことが出来ると言えるでしょう。

今後大きな発展を遂げる可能性が高いスポットとしても知られていますので、正にねらい目、正に穴場と言っても過言ではない場所として知られています。
周辺のアートスポットにも気軽に通うことが出来る点が大きな特徴です。

大井町

住みたい街ランキング人気急上昇中の大井町

オフィスビルが立ち並び、会社員やサラリーマンが多くいるイメージが強い街と言えば、やはり大井町でしょう。
この街は、雰囲気のあるレトロな居酒屋が多いようなイメージも強く、会社帰りに酔っぱらった人たちが多くいるような印象が強いと感じる方もいるかもしれません。
しかし、実は近年、住みたい街ランキングでも上位に上ることが多く、サラリーマンだけではなく、若い世代、女性にも人気が高まっている地域として知られています。

その人気急上昇、ランキングアップの理由は主に、これらの理由が挙げられるでしょう。

大井町は買い物に全く困らない地域

大井町はその交通の便(京浜東北線、東急線、臨海線などが通り、東京までは12分、お台場方面へも10分弱)の良さもさることながら、駅前に広がるショップの多さがやはり大きな特徴であると言えるでしょう。
駅前だけでもイトーヨーカドーやヤマダ電機、アトレ大井町、大井町ガーデンなどの様々なショッピングスポットが広がり、日用品だけではなく、基本的に何か必要になったときには、どこかのお店に行けば確実にあると言えます。
そのため、買い物の際に困るようなこともほとんどないと言えるでしょう。

交通の便の良さ、そして、買い物の便の良さも、人気の理由であると言えるでしょう。
交通の便の良さと言えば、2027年には、品川駅から名古屋駅をつなぐリニアモーターカーが走ることも決定しているため、その点で大井町が人気が出ている部分もあるのではないかと言われています。

劇団四季シアターや区民会館などのスポットも盛りだくさん

ショッピングスポットが充実していることもさることながら、芸術的スポット、そして、区民会館などのスポットも充実しているため、日頃のアクティビティにも事欠かないと言っても過言ではないでしょう。

劇団四季シアターでは、夏で公演される演目がいくつもありますので、仕事帰りにチケットを取って観劇してから家に帰るという生活をされている方も少なくないようです。
区民会館では、社会人サークルが活動を行っているという場合もありますので、気になるサークルがあれば加入をするというのもおすすめです。

このように、非常にスペックが高い地域でありながら、実は隣の品川駅の家賃相場に比べると、数万円単位で、場合によっては倍以上違うことがあるため、大井町に住む選択をされている方が実は多いようです。

通勤通学時にも、どちらの方面に行くにも何かと便利な地域であると言えますので、交通面を考えても、買い物の面を考えても、そして芸術やアクティビティの面を考えても、一人暮らしには非常に向いているスポットであると言えるでしょう。

巣鴨

お年寄りにも大人気のスポットと言えば、やっぱり巣鴨

とげぬき地蔵の存在でも有名な街、巣鴨。
どうしてもお年寄りが訪れる街というイメ―がある方もお以下もしれませんが、実は近年の巣鴨はお年寄りだけではなく、学生を中心に多くの若者が訪れていることでも知られ、「住むには実は穴場だと思う街ランキング」ベスト5入りを果たすなど、多くの年齢層に注目されている場所として知られています。

穴場だと思う街ランキングベスト5位入りを果たした理由は…?

そんな老若男女問わずに高い人気を集めつつある巣鴨ですが、ランキング入りを果たした理由は、やはりその交通の便利の良さと、治安の良さ。

巣鴨は比較的地味な印象がある街として知られていますが、実は山手線沿いで、実は都心にも簡単に歩いて行ける、でもそこまで家賃が高いわけではなく、学生が住むにも負担なく住むことが出来ると、実は隠れて良い所尽くしということが判明した結果、穴場の街として定着しつつあると考えられます。

また、実は非常に治安が良い地域としても知られていますので、一人暮らしをするにもピッタリ。
お年寄りが頻繁に訪れるだけあってやはり、治安がそこまで悪くないからこそお年寄りが訪れるのではないかと考えられますし、反対に、お年寄り率が高いからこそ治安が良いのではないかとも考えられますが、正解は、警察の見回りの多さ。

巣鴨ではお年寄りが安心安全に観光することが出来るように、警察官が重点的にパトロールをしていることでも知られており、その点も、治安の良さに繋がっているのではないかと考えられています。

こうした治安の良さから、女性の一人暮らしの際にも安心して暮らすことが出来る場所として知られていると言えるでしょう。

町全体のコスパもよいのが暮らしやすさの大きな特徴

町全体のコスパが非常に良いことでも知られているのが、巣鴨の特徴です。
巣鴨は元来、食品類や日用品類などが販売されているお店も、お店全体の料金が安く、その安さにつられてお年寄りがお買い物に通われていた傾向があると言えますので、未だにその名残が各お店に残っていると言えるでしょう。

日用品類や食品類は安いに越したことはありませんので、こうした町全体のコスパの良さは、イコールとして住みやすさに繋がっていると言っても過言ではないと言えるでしょう。

全体的にバランス良い街

巣鴨は、交通の便、治安の面、そしてコスパの良さに関してなど、全体的にバランスが良く、住みやすい地域になっているとして知られています。

初めての一人暮らしでも、巣鴨の温かい雰囲気で安心して暮らすことが出来ると言えますので、一人暮らし場所を探している際には、検討されてみてはいかがでしょうか?

三軒茶屋

活気あふれる雰囲気が人気の、三軒茶屋

路地道やちょっとした裏道が合ったりなど、まるで冒険をしている感覚に浸ることが出来ることで知られている街、三軒茶屋。
何となく下町的な雰囲気が漂う三軒茶屋では、豊富な商店会、そして、様々な店が所狭しと軒を連ね、非常に活気あふれる街として親しまれています。
そんな独特な雰囲気漂うが街として知られている三軒茶屋ですが、活気あふれる商店街だけではなく、オフィスビルも充実しているため、実はOLやサラリーマンも多く訪れることで知られています。

様々な年代の様々な職業の方が立ち寄る場所として知られている三軒茶屋ですが、主にこのような特徴があります。

交通のアクセスが良く通勤通学、遊びにもピッタリ

三軒茶屋は非常に交通のアクセスが良いことで知られて、渋谷からは二駅という奇跡的近さです。

鉄道としては東急田園都市線と東急世田谷線がありますので、どちらかが遅れてもリカバリーがききやすいという他、いざとなったら歩きやタクシーで渋谷まで出てしまえばどうにかなるという点も、大きなメリットであると言えるでしょう。
中には、電車が止まっていなくても、職場が渋谷という場合は、自転車などで向かうという方も多く、その分交通費節約になっていると言えるでしょう。

更に三軒茶屋はなんと、終電が24時42分という、都心の中でも非常に遅いことで知られており、夜遅くまで遊んでも終電を気にせずに帰ることが出来る点が、若者からも人気が高い理由として知られています。

24時間営業の店が多く夜でも食事や買い物が安心

ドンキホーテやスーパーマーケットなど、24時間営業しているお店が多いため、深夜に帰宅しても何らかの食事は手に入れることが出来る点が、大きなメリットだといえるでしょう。
また、24時間営業の業務スーパーもありますので、いつでも好きなときに買い物ができ、非常にお得にお安く手に入れることが出来る点も大きな特徴であると言えるでしょう。

購入をするお店に選択肢があるという点が、大きな特徴であると言えます。

緑道や隠れ家バーなど、楽しいスポットも盛りだくさん

三軒茶屋や駅前の雑多な雰囲気溢れるお店群だけではなく、少し離れたところには、木々がそびえたつ緑道や、隠れ家的なバーもありますので、自分だけのお気に入りスポットを見つけることが出来ると言えるでしょう。

自分だけのお気に入りがきっと見つかる街として知られている、三軒茶屋。
色んなお店巡りをするだけでも冒険をしている感覚で遊ぶことが出来ますので、ぜひいろんなお店を巡る旅に出てみてはいかがでしょうか?

どのお店にも言えるのですが、価格が比較的安い所が多い点が大きな特徴だと言えます。

調布

誰もが住みやすいと感じる街

東京都内でものんびりとした暮らしを望んでいる方に人気があるエリアが調布です。
東京のベットタウンという位置付けで発展を遂げ、現在でも若い世代から絶大な支持を得ています。
幅広い年齢層の人が住みやすい街として考えている調布には様々な魅力が存在しています。

調布のメリット

通勤や通学に便利なエリアとして発展しているため、交通アクセスは抜群に良いです。
電車やバスを利用する方だけでなく、車を利用する機会がある方も利便性がとても良いので暮らしやすいです。
乗り換えをしなくても新宿まで行けるため、都心へのアクセスも良いメリットがあります。

駅前には様々な商業施設が存在しており、買い物をしやすいメリットがあります。
あらゆる品物を販売していますので、都心へ出かけることもなく買い物を済ませることができます。
市役所や図書館などの公共施設や、病院や銀行など生活に必要不可欠な施設も駅前に存在しています。
特別な事がない限りは調布だけで全て済ませることができるため、あえて都心に出向く必要がありません。

都会の雰囲気を実感できるだけでなく、豊かな自然も身近に感じられるメリットもあります。
駅の近くにも畑が存在しており、のどかな光景を楽しめます。
川の側を散歩やサイクリングをして楽しむこともできますので、ストレスを溜め込まずに生活できます。

利便性が良い場所で家賃ができるだけ手頃なエリアを探しているという方にとって調布は理想的な場所といえます。

調布のデメリット

駅前は便利な施設が多く存在しており、若い世代に人気のある街です。
特に子育て中の若い世帯が多く暮らしていることから、待機児童がとても多いという問題を抱えています。
国としてもできるだけ早く待機児童をゼロにするために様々な政策を実施していますが、まだ完全には問題解決に至っていません。
独身の方にとってはあまり不満を感じにくいかもしれませんが、ファミリー層にとっては調布は住みにくいと感じる場合もあります。

調布の家賃相場

調布は東京の中でもリーズナブルな物件が多く存在していることから、比較的若い世代に人気の高いエリアです。
単身者向けのワンルームの場合は平均で5万円台の物件が多く、ファミリー層向けの3LDKになると13万円台の物件が多いです。
この家賃相場は他のエリアと比較しても安めに設定されていますが、よく物件を探してみると相場よりも安いものが多いです。

ファミリー層向け物件なら10万円以下の賃貸物件も多く、駅からも比較的近い場合が多いです。
単身者からファミリー層まで幅広いニーズに対応できる物件が存在しており、選択肢も多いことから理想的な物件を見つけやすいのも特徴的です。

町田

たくさんの人が集まる街

町田は駅の周辺に様々なお店があり、多くの人が集まる便利な街というイメージがあるため住んでみたいと考える人が多いです。
人によっては人の多さが住みにくいと感じる場合もありますので、実際に住んでみた時のイメージをしっかり考えることが大切です。

町田のメリット

町田にはあらゆるジャンルのお店が存在しているため、買い物で不便さを感じることはありません。
わざわざ時間をかけて都心まで行かなくても町田だけで買い物が済んでしまうので、利便性はとても良いです。
時間をかけて都心に行く必要がないため、日常生活は町田で過ごしていれば問題ないと感じられます。

休日には少し足を伸ばすだけで自然溢れる環境の中でゆっくり時間を過ごせたり、お得なお買い物を楽しめるアウトレットモールで過ごすこともできます。
町田市民ホールに出かけてコンサートなどを楽しむこともでき、好きな過ごし方が町田だけで実現するというメリットもあります。

町田のデメリット

町田は東京都に含まれていますが、近くにある神奈川県との違いがよくわからないと言われており、中途半端な街として認識する方が多いです。
中途半端な街なのに人の往来が多すぎて住みにくさを感じる方も多いため、利便性の良い場所でも人混みが苦手という方は避けた方が良いです。
特に夜になると繁華街が賑やかになるものの、治安が悪くなる傾向があるため、人通りの少ない場所で女性が一人歩きをするのは絶対にやめておきましょう。
女性の一人暮らしもあまり好ましくないため、周囲には一人暮らしをしていることを知らせないようにした方が良いです。

人の往来が多いため飲食店が多く存在しているのに、オシャレなお店が少ないのも大きなデメリットといえます。
何となく「町田はダサい」というイメージが定着しているのは、オシャレなお店が少ないことが原因になっている可能性もあります。
町田はダサいと思われてしまうため、あまり人には町田に住んでいることを教えたくないと考える人も多いです。

都心に行かなくても日常生活に困らないものの、仕事や学校が都心方向にあるため通わなければいけないという場合は利便性の悪さを実感する方も多いです。
また、医療機関が少ないことを不満に感じる方もいるため、町田に住んで失敗した!と実感する方も少なくありません。

町田の家賃相場

町田は東京都内の中でも比較的家賃相場が低めになっており、ワンルームなら5万円台の物件が多いです。
安ければ1万円台という破格の物件が存在していることもあり、2万円台の物件は結構な数の選択肢があります。
他のエリアではかなり高額になると思われるような物件でも、町田なら格安で入居できるため多少通勤や通学で不便さを感じても町田に住んでいるという方もいます。

品川

常に発展し続ける街

品川といえばビジネスの拠点というイメージを抱いている方も多いですが、昔から常に進化を遂げている街なのでこれからも更に発展し続けることが予想されています。
これから数年後、数十年後には今までとは違った表情を見せてくれる街になることも予想されていますが、時代が変わったとしても品川に住んでいて良かった!と実感できるのは間違いないとも言われています。

品川のメリット

電車やバスを利用すると都内のどこへでも簡単に移動できる利便性の良さが実感できます。
会社や学校が他のエリアにあったとしても移動しやすい場所になっています。
再開発が行われた結果、更に高層ビルが立ち並ぶようになって多くの人が集まる場所に発展しています。
今まで以上に人の往来が増えることで公共交通機関を利用する際には混雑が予想されますが、混雑すること以外は交通網が発達しているため安心して生活できます。

人の往来が増えるということは、街全体が活気溢れるようになることが予想されます。
近代的なお店も増えると考えられますが、昔ながらの馴染みやすい商店街の良さも合わせて楽しめるというメリットもあります。
特に飲食店の種類が多く、美味しい料理を提供しているお店に足繁く通う方も多いです。
品川周辺に住んでいればいつでも気軽に出かけることができて便利です。

美しい夜景を楽しめること、夏には花火大会を楽しめることなど東京ならではの景色を楽しめる高層の建物が多いです。
お台場や東京タワーなどを眺めながら生活できるマンションも多いので、賃貸だけでなく景色の良さが気に入ってマンションを購入する方もいます。

品川のデメリット

実際に生活してみなければわからないことですが、特に品川浄水場の周辺に住んでいると悪臭が気になる場合が多いというデメリットがあります。
特に夏場になると臭いがキツく感じられるため、生活するのが嫌になる方も多いです。
臭いの情報については不動産屋さんで教えてもらえない場合がありますので、浄水場の近くにある物件を検討している方は十分注意してください。

また、線路の近くに住んでいる方は騒音が気になって生活しにくいと感じる場合もあります。
新幹線が通過する時にはかなり大きな音が響くため、ゆっくり過ごせないと感じる方もいます。
騒音についても事前に情報を知らされない場合がありますので、必ず内見をさせてもらって周辺の状況を確認することをおすすめします。

品川の家賃相場

品川は家賃相場が比較的高いと言われるようにワンルームでも平均8~9万円台の物件が多いです。
物件は比較的多くの選択肢から絞りこむことができるので築年数や駅からの距離などのバランスを考慮しながらお手頃な物件を探すことも十分可能です。

自由が丘

街全体がオシャレな街

オシャレが大好きな方にとって憧れの街とされている自由が丘ですが、高級な街というイメージを抱いている方も多いです。
住んでみたいという憧れを抱く一方で、そう簡単には住むことができないと引っ越しに踏み切れない方も多く、憧れだけで終わってしまう方も多いのが特徴的です。

自由が丘のメリット

自由が丘といえばオシャレな街というイメージを定着させているのは、バラエティに富んだお店が多く存在していることです。
特にファッション関係のお店が多く、美容院やファッションブティックなどオシャレを楽しむために自由が丘にやって来る人がたくさん存在しています。
自由が丘に住んでいればいつでも好きな時にオシャレなお店に通えるので、実際に買い物をしなくても目の保養としてウィンドウショッピングをするだけでも十分楽しめます。
オシャレな環境の中で暮らしているので、自然とファッションセンスも高くなってきて周囲からの評価も高くなるメリットもあります。

オシャレなだけでなく美味しい飲食店が多いのも特徴的です。
個性的な外観と、見た目の美しさだけでなく実際に口にした時に広がる美味しさを合わせて実感できる料理を提供する飲食店が多いです。
テレビやインターネットでも話題になるお店が多いので、自由が丘に住んでいればいつでも気軽に食べに行ける距離感が大きなメリットになります。
どちらかといえば高級飲食店が多いというイメージがあるものの、思っていたよりもリーズナブルな価格で提供しているお店が多いです。

東京は治安があまり良くないエリアが多いですが、自由が丘に関しては比較的治安が良いというメリットがあります。
安心して住める環境にあるため、特に一人暮らしをしたいと考えている女性にはおすすめです。

自由が丘のデメリット

色々なお店が存在していて買い物に不自由さを感じることはありませんが、物価が比較的高めという傾向があります。
オシャレで高級感のある街というイメージが定着しているため、廉売をアピールするお店が少ないです。

飲みに出掛けても閉店時間が早いため思い切り楽しめないというデメリットもあります。
ただし、これは治安の良さにも繋がっていると考えられ、長時間飲み続けることができるようなお店が少ないからこそ、夜も安心して暮らせる場所になっていると考えることもできます。

自由が丘の家賃相場

自由が丘の家賃相場を確認してみると、ワンルームでも8万円台が最も多く存在しているため、他のエリアと比較しても比較的高いです。
駅から少し距離が離れていて、築年数が古い物件を優先的に探してみると2万円台という格安物件も存在しています。
あまり贅沢を言わなければ5~6万円台でそこそこ良い物件も存在していますので、時間をかけて探してみましょう。

三鷹

自然豊かな街として有名

東京都内の中でも自然が多く存在している街として有名な三鷹も住んでみたいと考える人が多いです。
街全体がゆっくりとした時間が流れているような印象を受けるというメリットがあることから人気が高いのが特徴的です。

三鷹のメリット

交通の便が良く、他のエリアに移動したい場合にも都合が良い場所というメリットがあります。
特に総武線と東西線は始発になっているため、余裕を持って座って移動できます。
例えば新宿に移動する場合には15~20分くらい時間を見ておけば到着するのでかなり便利です。
電車以外にもバスの交通網も発展しているため、公共交通機関を利用していれば交通アクセスに不便さを感じることは少ないです。

三鷹のどこに住むかによって異なりますが、吉祥寺駅まで徒歩移動も十分可能です。
井の頭公園を通ってウォーキングを楽しみながら移動できるため、運動不足解消にもおすすめです。
自然が多い場所なのでストレス解消にも役立ち、健康維持にも役立ちます。

周辺には農家さんが多く存在しており、新鮮な野菜や果物などを直売しています。
都内で採りたての野菜や果物を味わうことができるのはとても贅沢なことで、多くの人が利用しています。

図書館が多く存在していること、おしゃれな飲食店が多いこと、スーパーなどのお店も多いことなどから生活に不便さを感じることはほとんどありません。
欲しいものは基本的に三鷹で揃いますし、少し足を伸ばすだけで買い物に行ける便利な場所です。
特に子育て中の世帯にとっては暮らしやすいエリアで、保育所や幼稚園も充実しています。
所得制限は設定されていますが、中学三年生までは医療費を助成してくれるので医療費はほとんどかからないと言っても良いくらいです。

三鷹のデメリット

自然が多く日常生活に不自由しない施設が多く存在している利便性の良さから、多くの人が住みたいと考えて人気があるエリアなので良い物件を探してみてもなかなか見つからない場合が多いです。
良い物件をようやく見つけたと思っても、引っかかるのは家賃の高さで、この金額ならとても住めないと諦めてしまう人も多いです。
住んでみたいけど憧れだけで終わってしまう…と嘆く方がたくさん存在しています。

移動手段で自転車を利用する方も多いですが、駐輪所が少なくて困る時が多いです。
仕方なく違う場所に停めていたところ、放置自転車とみなされて撤去されることも少なくありません。

三鷹の家賃相場

人気が高いエリアなので家賃相場も少し高めです。
ワンルームでも7~8万円台の物件が多くなっていますが、築年数が40年以上という古い物件になると2万円台の物件も多く存在しています。
あまり贅沢を言わないので快適な場所に住みたいと考えている方は古い物件も視野に入れて検討してみましょう。