カテゴリー別アーカイブ: 人気エリアガイド

女性の一人暮らしにおすすめのエリア

女性の一人暮らしに大事なこと

一人暮らしとなると、やはり色々と気をつけるべき点があります。
女性の一人暮らしとなると、特に安心して暮らせるかどうかはとても大切です。
もちろん、職場までの交通の便が良いことや買い物がしやすいこと、病院が分かりやすいところにあるなど、他にも色々と確認したい点はありますが、安心できない地域ではどんなに他が良くても住もうと思えないこともあります。
誰でも治安が悪い地域より、治安が良い地域に住みたいものですが、女性が一人暮らしするとなると、より注意したいものです。

東京都内で女性の一人暮らしに向く治安の良い地域とは

では、東京都内で女性の一人暮らしに適している、治安の良い地域とはどこなのでしょうか。
あるアンケート調査では、一番治安が良いのは世田谷区だという結果が出ています。
次に葛飾区、調布市と続いています。
他に治安が良いと言われている地域は23区内が多いですが、もちろん23区以外も入っています。
この他の治安が良いと言われている地域は、良い方から順番に、目黒区、国立市、杉並区、練馬区、三鷹市、品川区、文京区となっています。

便利で落ち着いた地域が上位

最も治安が良いのは世田谷区ですが、この結果は閑静な住宅街として知られている世田谷区としては、当然の結果かもしれません。
住んでいる人に対して、上品なイメージを持っている人が多いのも特徴です。
高級住宅街もあるため、そういった意味でも治安の良さには気を使っているのかもしれません。

この次に治安が良いという結果が出ているのは葛飾区ですが、こちらは下町で良い人が多そうなイメージが強く、実際にそのイメージは大きく外れていないという意見が多く聞かれます。
下町らとく、近所のネットワークがしっかりしているため、近所付き合いが好きな人にとっては、楽しく住める地域でもあります。
また、近所の目があるという点で、女性にとってはかなり安心できると言えます。

この後に続く地域も全て、利便性が高く環境的にも落ち着いているという印象を持つ人が多い地域です。
特に調布市は落ち着いた地域だという人が多く、目黒区も閑静な住宅街として有名です。
国立市は文教都市として知られ、緑が多く過ごしやすい環境ですし、杉並区は住宅地が広がるだけでなく、商店街も発達しています。

治安の良さで見るなら、住宅街や下町は安心して住みやすいという声が多くなっています。
この他、買い物が便利な方が良い、通勤時間が短い地域が良い、緑のある場所に住みたいなど、人によって希望は色々あります。
ですから、何を重視するのかによって、自分にとって住みやすい地域はどこなのか考えるようにすると良いでしょう。

家賃相場の低いエリア

東京23区内の家賃相場が低い地域

東京都心に住むならやはり23区内ですが、どうしても家賃が高めでなかなか難しいものです。
ですが、家賃の相場が安いところであれば、探せば手頃な物件があるかもしれません。
では23区内で家賃相場が最も安いのはどこなのでしょうか。

最も安いのは、葛飾区で、続いて足立区、江戸川区の順に安くなっています。
これらの地域であれば、6万円程度から6万5000円程度が相場です。
相場が7万円を切る地域は、この他には練馬区、板橋区があります。
この相場は、全て駅から徒歩10分圏内のワンルーム、1K、1DKの賃料でのものです。
管理費や駐車場代などは含みません。

23区内で家賃相場が最も高い港区や千代田区では、同じ条件で11万から12万近くなので、かなり安いと言えます。
平均でも8万円から9万円程度ですので、家賃だけで考えるのであれば23区内で最も手頃な地域だということになります。

東京23区以外の家賃相場が低い地域

それでは、23区以外の東京都内の地域で、家賃相場が安いのはどこでしょうか。
最も安いのは、あきる野市で、続いて東村山氏、稲城市の順に安いという調査結果があります。
これらの地域の家賃相場は、4万6000円から4万8000円程度となっています。
23区内からは離れますが、賃料だけ見ればかなり安いです。

しかし、特にあきる野市は都心から遠く、東村山市、稲城市でもかなり距離があります。
また、いずれも地域として見ると広いため、その中でも賃料に幅があることがあります。
交通の便などを考えれば、場合によっては隣県などの方が賃料や通勤などの面から考えると良いということもあります。
ですが、どうしても東京都内に住みたい、家賃が安いのであれば他は我慢できるという場合は、23区内に比べるとかなり安く住むことができます。

東京都内の人気の駅で見る家賃相場が低いところ

都内の人気が高い駅の近くで家賃相場を比較した場合、どこが安いのでしょうか。
最も安いのが東中野駅で7万1000円程度です。
次が大塚駅前駅で7万5000円程度、その次が笹塚駅で7万8000円程度です。
意外にも、池袋駅がこの次に安く8万円弱が相場となっています。

人気の駅の中で見る家賃相場が安い地域ですので、純粋に家賃相場が安い地域だけで比べた場合よりも価格が高くなっていますが、その代わりに利便性が高いというメリットがあります。
家賃だけで考えるのか、利便性なども含めて総合的に考えるのかで、どこを選ぶのかは変わってきます。
勤務地が23区ではないなど、場合によっては23区ではない場所のほうが良いこともありますので、自分の状況に合わせて何を優先させるのか考え、その中で家賃相場が安い地域で物件を探すのが良いでしょう。

家族向けエリア

家族

親子ともに暮らしやすい街とは

暮らしやすい街として人気の街がたくさんありますが、選ぶのが若者か、ファミリー層かで若干評価が異なってきます。
生活の利便性の高さや通勤・通学のしやすさ、治安環境といった基本的な点では共通しているものの、それ以外の点で若者とファミリー層、あるいは単身者層と子供がいる世帯では日々の生活の中で求めるものが異なってくるからです。

東京でファミリー層に人気のエリアを見てみるとどのランキングにおいても必ず上位に顔を出すのが吉祥寺、武蔵小杉といったエリアです。
吉祥寺は単身者層や若者の間でも人気の高いエリアですが、どれも適度な利便性と落ち着いた環境という点で共通しています。
吉祥寺といえばオシャレなイメージがあるものの、大規模な商業施設はそれほど多くなく、新宿や渋谷に見られる騒がしさはありません。
むしろ個人経営の個性的な店が多く、のんびりあちこちを回りながら過ごせる点にこそ魅力があります。

(参考)
賃貸で住んでよかった街BEST30

一方では鉄道をはじめとした交通の利便性、スーパーやコンビニといった生活に密接に関わる店舗や公共施設の充実といった都市部ならではのメリットも兼ね備えています。
ファミリー層向けのシェアハウスを探す際にはこうした人気のエリアに見られる特徴をよく分析したうえでどのエリアの物件を探していくのかを決めていくようにしましょう。

緑豊かな環境と治安の良さ

さらに緑に恵まれているかどうか、治安が良いかどうかもファミリー層から人気を得られるかどうかの重要なポイントです。
小さなお子さんがいる世帯ではできるだけ緑と接することができる環境の方がよいですし、休日に親子一緒に過ごす空間としても役立ちます。
広い公園があれば安心して子供同士で遊ばせることもできるでしょう。

一方中高生のお子さんがいる世帯の場合は治安がとても重要です。
駅前は夜まで騒がしい、風俗店がある、ゲームセンターやパチンコ店周辺のたむろしている人がいるといった環境はできるだけ避けたいものです。
先述した吉祥寺、横浜、武蔵小杉といったエリアではこうした点においても恵まれています。
他にも生活の利便性の面では少々落ちるものの目黒や二子玉川なども同様の特徴を備えたエリアとして人気があります。

5年後、10年後も見据えて

シェアハウスの場合、それほど長期にわたって居住することはないかもしれませんが、それでも子供のことを考えて5年後、10年後くらいを見据えた上で居住に適した環境を選んでいくことが大事です。
駅周辺の開発計画やお子さんが大きくなったときにどのような店舗や施設を利用することになるのか、通勤通学のルート、さらにアルバイト先の選択肢まで視野に入れたうえで情報収集を行っていきたいところです。

若者に人気の街

若者

住みやすさだけではない若者にとっての魅力

毎年のようにさまざまな機関が人気の街についてのランキングを発表しています。
その中でもとくに人々の関心を集めることが多いのが若者にとっての人気の街です。
若者からの支持はそのまま世の中の流行や話題を反映していることが多く、人気のある街ほど「話題になる街」として扱われるのです。
そしてその影響はビジネスにまで及びます。
話題になり、若者を中心とした多くの人が訪れるエリアならそれだけビジネスチャンスが多くなりますし、需要に応える形で新たなビジネスや店舗の展開が期待できるからです。

こうした事情があるため、若者に人気の街は単に住みやすさだけでなくさまざまな要素が絡み合って評価される傾向があります。
治安の良さや買い物に便利といった面よりも個性的な店やスポットがあるかどうか、友人同士で楽しく過ごせるスポットがあるかどうかといった点が重視されるのです。
またブランド店やイベント会場など流行の発信地となるようなスポットがあるかどうかも評価のポイントとなります。

人気ランキングを見てみると…

毎年若者に人気の街として必ず上位に顔を覗かせるのが吉祥寺です。
東京都武蔵野市にあるこの街は学生を中心とする若者が多く集まる街として広く知られています。
また新宿や池袋、渋谷といった人気スポット目当てに訪れるエリアとしてだけでなく、住む上でも暮らしやすいメリットを備えている点が高い評価の理由です。
じっさい進学を気に上京する学生でも吉祥寺に住みたいと希望するケースが多く見られます。

同じく若者に人気の街として上位に挙げられるのが恵比寿。
このエリアは吉祥寺よりももう少し上の世代、学生から社会人になりたてくらいの世代に人気の高いエリアです。
ファッションショップのほか、ライヴバーなどオシャレなショップが多く、エリア全体が洗練された印象があるのが大きな特徴です。

若者に人気があるエリアのシェアハウスの料金

これまで挙げてきたように、若者に人気のあるエリアはビジネスの面でも注目を集める傾向があります。
そのため家賃が高くそれが住む上で大きなネックになってしまう傾向があるのです。
それだけに家賃を安く済ませることができるシェアハウスのメリットが大きくなります。

たとえば吉祥寺ではアパートの平均家賃が約8万800円なのに対し、シェアハウスでは約5万700円程度。
約3万円もの違いが見られます。
人気のエリアに住んでみたいと思っている方にとっては大きなチャンスとなるわけです。
ただし、こうしたエリアのシェアハウスでは居住者の入れ替わりが激しい点や、都会ならではの不干渉主義などがある点がデメリットというより特徴として挙げられるでしょうか。
こうした点も意識した上で若者に人気のある街でのシェアハウスの生活を検討してみてはいかがでしょうか。